ダナン・グアム・ハワイでの紫外線に注意

海外旅行へ行くと、ついつい細やかなケアを忘れ、紫外線をたっぷりと浴びてしまい炎症を起こす方が多くいます。

そうなってしまうと、後々泣くに泣けない痛みと跡となり、シャワーを浴びたり服を着るだけでも擦れて辛い思いをしてしまいます。

日本の海でもそれなりの紫外線はありますが、海外のビーチロゾート地に比べると少ない状況です。

日本と同じような感覚で過ごしてしまうと、えらい目に遭ってしまいます。

実は自身も海外の紫外線を甘く見て、炎症を起こし、肩や背中にシミを作ってしまいました。

だからこそ、皆さんには注意していただけたらと。

ベトナム・タイ・ハワイ・グアムでの紫外線対策はSPF50

海外での紫外線対策はSPF50をオススメします。

ただし、紫外線量が多くない日常生活などではオススメできません。

確かにSPF50は紫外線カットとしては抜群なのですが、その反面肌への負担が大きいのです。

現に使ったことがある方はわかると思いますが、肌がつっぱったり乾燥するなどしませんか?

肌がすごい強いという方は心配ありませんが、SPF50、さらに加えて+が多いものの使用は、ここぞ!という時にしてください。

SPF50を使うべき場所としては、日本国内なら海やプール、川遊びなど真夏で日陰のない場所。

海外なら、ビーチリゾート地(グアム、ハワイ、オーストラリア、アジアリゾートなど)です。

このような場所では、かなり効果を発揮してくれます。

数時間、限られた日にだけ使えば、肌への負担も問題ありません。

ただし、念のため、使用後の肌には、保湿を十分にしてあげてください。

こちらも参考にしてください⇒海 日焼け止め

関連記事


    徐々に紫外線が強くなる時期になりつつあります。 日の光を意識し始めるとお肌の日焼けやシミなどが気になってきます。 紫外線は常に、わたしたちの肌に降り注いでいるとは言われています。 それでも、見えないも…


    昔より紫外線量が増えている!綺麗な肌を守るには? 紫外線の量が増えている!という事実をご存知ですか? 気象庁のデータをみると、少しずつではあるものの確実に増えています。 昔は女性でも、今のように過剰に…


    飲むだけでサンブロックできる新感覚サプリの美百花が今すごい話題になっています! あの雑誌姉agehaでランキング1位を獲得! 飲む日焼け止めサプリと言うのは日本ではまだあまりなじみがないですが、海外で…


    日焼け止めをムラなく塗るのは難しい メーカー・タイプ問わず、どんなUVケア商品もその日焼け止め効果を最大限に発揮するにはムラなく塗る必要があります。 さらに、ある程度の時間や、汗の状況などに合わせて塗…