IMG_9239

季節の変わり目や特に冬は乾燥肌の人にとって最悪です。肌が乾燥すると、皮膚の内部の水分量や油分量が減り、肌のバリア機能が低下します。
そうなると、肌に少しの刺激を与えただけで痒くなります。
服があたったり、髪の毛が当たるだけでも痒みの引き金になります。
普段使用している化粧品でも肌のバリア低下により痒みの引き金になることもあります。
痒くなると引っ掻いてしまいます。そうするとさらに肌に刺激を与えることになり、更に痒くなります。
引っ掻き傷が肌に付くと、そこの部分が更に乾燥します。
こうしてどんどん悪循環に陥ってきます。
冬は冷たい風も乾燥の原因と痒みの引き金になることもあります。
そしてようやく暖かくなってきたと思うと花粉の時期になります。
乾燥により肌のバリアが弱ければ空気中に浮遊している花粉が痒みの引き金になることも多いです。
一度乾燥して痒みに悩まされると抜け出すのが非常に困難になります。
また乾燥により、普段使用しているローションや乳液にアルコール成分が含まれていると、付けた時にヒリヒリと強い痛みを感じます。
そして赤くなります。私はノンアルコールでない化粧品でもヒリヒリして赤くなったこともありました。
私の肌は乾燥肌ですが、深刻には思っておりません。
ケアを怠らずに上手に乾燥肌と付き合えば何ともありません。
ですが、一度怠り痒みを伴ってしまうとどんどん悪い方向へ進んでいきます。

IMG_2455
もっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください⇒乾燥肌 かゆみ

関連記事