口臭が気になると人と話すが嫌になります。仕事をしている人などもその事で支障が出るかもしれません。そうならないように、口臭ケアをする必要があるのです。ここでは森永のオーラバリアについて知りましょう。

・オーラバリアの成分は

 まずはラクトフェリンです。この成分は人間の母乳、唾液、血液などに入っているタンパク質の事です。ラクトフェリンのラクトは乳を意味します。そして、フェリンが鉄を意味しています。

 ラクトフェリンは鉄と結びつきやすいのが特徴です。口臭を作り出す菌は成長する上で鉄を必要にします。しかし、ラクトフェリンは鉄と結びつく性質を持つために細菌に必要になる鉄分が抑えられて、細菌の繁殖を防ぐ事ができるのです。

 また歯周病は口臭を起こす最大の原因になりますが、歯周病は歯周病菌が排出する毒素により進行します。しかし、ラクトフェリンはこの毒素とも結合する事ができるので、無毒化する効果があります。

 そのため口臭を引き起こす歯周病の進行を抑制する事ができます。それからラクトパーオキシダーゼも重要成分です。この成分自体は細菌を倒す力はありませんが、。唾液の中のある物質を抗菌作用を持つ物質に変化させる効果を持ちます。

 そのような作用により細菌の活動を抑制する事ができるという事になります。口の臭いが気になる人はオーラバリアを使用してみましょう。

気になる方はコチラ➡オーラバリア 販売店

関連記事

    None Found