PPW_syabotenoomurozan_TP_V

太陽光発電を利用する際にはやはり発電量がどれくらいか?
というのは常に注目しておかないといけません。利用前にシミュレーションを行えばどれくらいか?というのは分かるのですが、そのシミュレーションと実際の発電量が著しく異なっているケースというのがあるのです。
それはどうして起きるのか?というと、工事のミスということが原因の多くになります。
しかし、そういったことがきっかけで、本当ならばもっと発電できていたのに、当初予定していた一部しか発電できなかったということが起きるわけです。
その発電量のマイナスによって利益も逸失しているわけですから、その分はなんとかしてほしいと思うのが当然でしょう。
しかし、実際はあまりなんとかならないというのが現状です。
工事をした会社の入っている保険がどうなっているか?にもよるのですが、こういったトラブルの補填を予定している保険に加入していないケースが多いので、工事をした会社が利用者が納得いく対応をしてくれる可能性は低いと思います。
そうなると、最終手段としては裁判を起こすしかないとなりますが、手間と費用を考えると現実的ではないので、こういったトラブルでは得られたはずの利益が返ってくることは少ないと思っておいた方が良いでしょう。
だから、太陽光発電を利用するときには工事をしてくれる会社が信頼できるところか?を事前に見極めることが大切になるのです。

PPW_kouennokigi_TP_V
太陽光発電について、詳しくはこちら⇒太陽光発電 トラブル

関連記事


    IMG_8699

    エコで光熱費の節約になる太陽光発電は、注目を集めていることもあり需要が高まっています。 しかし、太陽光発電は屋根に取り付けられているデリケートな装置ですので台風には気をつけなければいけません。 そこ…


    f873e1d52c39c143ba30e4faeb441805_t

    近頃エコなどの観点から住宅で使用する電気も太陽光発電を利用することが増えてきてとても身近なものになっていますが、太陽光発電がいつ頃から普及し始めたのかなど、そういった歴史についてご存知でしょうか。 …